高濃度酸素水の利用

画像の説明

植物の成長は酸素を与えることで,大幅に促進されます!

植物は光合成を行って,
水 + 二酸化炭素 + 光エネルギー → 炭水化物 + 酸素
という反応を行い,地球上で有機物を生産しています.

常識ですが,でもここでもう1度考えてみて下さい.
炭水化物だけで,植物の組織を作ることができません.

植物は、合成した有機物を酸素で分解し、化学エネルギー(ATP)を得て、それを使って根から肥料分(窒素,リン,カリウム)を汲み上げて,それらの養分をもとに組織を作り,成長します.

ところが,光合成が可能なのは昼間に限られます.光合成ができない夜間には酸素を自力では作ることができないので,植物は休眠するしかないのでしょうか?この問いに対する答えが,eco-バブル®の研究開発の過程から得られました.

高濃度酸素水(溶存酸素濃度 20 ppm以上)を植物に与えると,夜間も十分な酸素を利用できるようになり,根や葉の成長が大幅に促進されることを示す研究結果が得られています! 

これまでの植物栽培学の常識から外れる事実を,次のページで説明します. 画像の説明