画像の説明

DDHRS 方式のマイクロバブル発生ノズルを小型化したモデルです。マイクロバブル発生装置を、日常の暮らしの様々な場面に利用できる装置にするために開発しました。

eco-Bubble®-S series

eco-Bubble®-S1, -S2のノズル
マイクロバブル発生ノズルへ塩ビ管で接続したポンプから水を送り,マイクロバブルを発生させます.配管は,マイクルバブルを発生させる水槽の形状に合わせて,作成します.10 L〜1 ㎥の水の曝気や処理に適しています.

eco-Bubble®-S1set-s

  ECBL-S1-20L水槽モデル
水槽にeco-Bubble®-S1のノズルを組み込み,送水ポンプを塩ビ管で接続します.ノズルに接続したエアーチューブから空気や様々なガス(酸素,オゾン,二酸化炭素,水素)を取り込み,マイクロバブルを発生させます.

画像の説明

  発生したマイクロ・バブル
eco-Bubble®-S1-20L水槽モデル(左の写真)の水槽の中で発生したマイクロバブルを撮影しました.無数のマイクロバブル(泡径 15 µm程度)が,水中で,まるで霧のように漂っているのが見られます.


マイクロバブル発生による水中への酸素ガス溶存を促進する効果

eco-Bubble®-S1 O2 dissolution

20Lの水槽で,玉形エアーストーンとeco-Bubble®-S1による酸素ガスを用いた水道水の曝気実験を行いました.玉形エアーストーンを用いて毎分2.4 Lの通気量で水を曝気した時の溶存酸素濃度の変化曲線()が,eco-Bubble®-S1では毎分わずか0.1 Lの通気量でマイクロバブルを発生させた時の変化曲線()に相当していました.
 溶存酸素濃度 20 mg/Lに到達するまでの酸素ガスの溶存率は,玉形エアーストーンの2.2 %に対して,eco-Bubble®-S1では50.1 %(約23倍の溶存効率)に達していました.

モデル一覧

型 式ノズル材質外寸 H x Φ (cm) 重量 (kg)水槽 (別売)
ECBL-S1*SUS31616.3 x 6.4   1.320 L
ECBL-S2**SUS3167.8 x 4.8   0.610 L

    * マグネットポンプ使用(225/325W, 50/60Hz, 単相100V, 7.3 kg)
    **マグネットポンプ使用(190/280W, 50/60Hz, 単相100V, 6.9 kg)
    備考)マイクロバブル発生ノズルのみの販売も可能です.

  製品パンフレット: