画像の説明

Nシリーズは,「DDHRS方式のマイクロバブル発生ノズル」と「ノズルへの送水ポンプ」で構成されています.ノズルを1基、3基または5基を組み込んだ3つのモデルがあります。この装置では,いずれも外部ポンプからマイクロバブル発生ノズルへ水を供給することにより,マイクロバブルを大量に発生させることができます.ノズルの数に応じて,マイクロバブルの発生量が増加します.

  画像の説明  画像の説明  画像の説明
    eco-Bubble®-1N     eco-Bubble®-3N      eco-Bubble®-5N

eco-Bubble®-Nシリーズによるマイクロバブルの発生(動画)

    画像の説明  eco-Bubble-5N-shrimp farm-s

     装置から吹き出したマイクロバブルが次第に水槽
     の下方へ降りてきて,水槽に充満していきます.

タイ国,チャンタブリ地方のバナメイエビ養殖場に
設置した装置がマイクロバブルを発生しています.


(装置の用途)
魚介類養殖場や排水処理プラントなどの大量の水に対して,空気や酸素ガス,二酸化炭素ガスなどを効率良く溶解させ,酸素濃度の低下防止・排水処理工程における酸化分解促進・pH調整の効率化などに秀でた能力を発揮します!

eco-Bubble®-Nシリーズを使用するためのシステム構造図
Whole system J
eco-Bubble®-Nシリーズは,筐体にマイクロバブル発生用ノズルが組み込まれています.マイクロバブルを発生させるためには,このノズルへ十分な量の水を送水する必要があります.ノズルに送水すると,その内部に二重の渦流が発生し,エアーチューブから空気(気体)が取り込まれて,マイクロバブルが発生します.ノズルを水深1〜2 mの海水中に設置した場合,最大で毎分4〜6 Lのマイクロバブルが発生します.(エアーポンプやコンプレッサーを用いて,エアーチューブからノズルへの通気量を増加させて,最大毎分20 Lまでマイクロバブル発生量を増加させることができます.)
注意:マイクロバブルを発生可能量は水の密度・粘性によって大きく変化します.密度・粘性が低い淡水中では,毎分3 L程度までしか,マイクロバブルを発生させることができません.

モデル一覧

型 式ノズル個数ノズル重量(kg)ポンプ推奨規格
ECBL-1N*15単相100V, 三相200V, 400W
ECBL-3N**315三相200V, 1500W
ECBL-5N**523三相200V, 1500W

  * 外寸:22 cm (H) x 15 cm (Φ) , ポンプ:オプションです。
  ** 外寸:22 cm (H) x 33 cm (Φ) , ポンプ:オプションです。

推奨するポンプの性能

eco-バブル®-N シリーズで使用するポンプは,以下の能力が必要です.能力の弱いポンプ(吐出量に対して全揚程の低い機種)をご使用になると,マイクロバブルの発生量が大きく減少します.

eco-バブル®-1N 用ポンプ
消費電力 400W
50Hz: 吐出量 100 L/分, 全揚程 9.2 m;
    吐出量 140 L/分, 全揚程 7.5 m;
    吐出量 200 L/分, 全揚程 4.5 m
推奨: 川本ポンプGSP3-405-C0.4S, C0.4T

eco-バブル®-3N, -5N 用ポンプ(共通)
消費電力 1500W
50Hz: 吐出量 160 L/分, 全揚程 17.8 m;
    吐出量 400 L/分, 全揚程 10.0 m;
    推奨: 川本ポンプ GSP4-505CE1.5
60Hz: 吐出量 180 L/分, 全揚程 17.2 m;
    吐出量 360 L/分, 全揚程 12.0 m;
    推奨: 川本ポンプ GSP4-506CE1.5

製品パンプレット

eco-Bubble®-1N

Bubble®-3N

eco-Bubble®-5N