Title 開発事業

1987年:大巧技研有限会社は、特殊ガス、医療ガス、液化石油ガスの設備施工を行う会社として創業しました.

会社所在地:〒 860-0047 熊本市西区春日 6 丁目 15-17
代表取締役 西 哲雄
代表電話 096-323-1518,FAX 096-323-1527
e-mail: ecobubble@pure.ocn.ne.jp

2010年4月:エコバブル事業部を創設し、熊本県立大学環境共生学部海洋生態学研究室(堤 裕昭 教授)と、マイクロバブル発生装置の共同研究・開発に着手しました.

2010年12月:弊社が開発した微細気泡発生装置(eco-バブル®、DDHRS 二重渦式高速回転気液混合二重槽)の国内特許および、国際特許取得に向けてPCT 出願を行いました.

2011年7月7日:微細気泡発生ノズル(DDHRS方式)の国内特許取得(国内特許番号 4652478)

2011年11月:DDHRS方式ノズル1基を備えたマイクロバブル発生装置(eco-バブル®-400)をInchem Tokyo で発表し、製品の発売を開始しました.

2012年11月:グリーン・イノベーションEXPO 2012でeco-バブル®-250を発表し、発売を開始しました.
DDHRS 二重渦式高速回転気液混合二重槽)のアメリカ、イギリス、中国、韓国の特許申請

2013年10月:タイ・カセサート大学水産学部(Dr. Chittima Aryuthaka, Dr. Suriyan Tunkijjanukij),熊本県立大学環境共生学部(堤裕昭博士)とのエビ養殖池の溶存酸素濃度管理に関する共同研究を開始しました.

2013年11月:DDHRS方式ノズル3基を備え、ノズルとポンプが分離したマイクロバブル発生装置(eco-バブル®-3N)を InchemTokyo 2013で発表し,発売を開始しました.

2014年1月:DDHRS方式ノズル5基を備え、最大の水中への酸素ガス溶解揚力を持つマイクロバブル発生装置(eco-バブル®-5N)をInterAqua2014で発表し,発売を開始しました.

2014年6月5日:微細気泡発生ノズル(DDHRS方式)の韓国特許を取得しました.(特許番号 10-1407122)

2014年12月17日:微細気泡発生ノズル(DDHRS方式)の中国特許を取得しました.(特許番号 ZL 2011 8 0033648.3)

2015年1月:DDHRS方式ノズル1基を備え、ノズルとポンプが分離したコンパクトタイプのマイクロバブル発生装置(eco-バブル®-1N)をInterAqua2015で発表し,発売を開始しました.

2015年1月27日:微細気泡発生ノズル(DDHRS方式)のアメリカ特許を取得しました.(特許番号 No. US8,939,436 B2)

2016年1月:小型化したDDHRS方式ノズル(eco-バブル®-S1, -S2)1基を備え,20 Lおよび10 Lの水槽を備えた水処理装置を,InterAqua2016で発表しました.