画像の説明

DDHRS方式のマイクロバブル発生ノズルを小型化したモデルです.マイクロバブル技術を,日常の暮らしの様々な場面で利用できるように,装置のコンパクト化を進めています.

eco-バブル®-S series-s

eco-バブル®-S1, S2ノズル

コンパクトなDDHRS方式マイクロバブル発生ノズル(S1: 16.3 cm (H),S2: 7.8 cm (H)).このコンパクトなノズルで,10〜1,000 Lの水の曝気や処理に対応し,空気や様々なガスを飛躍的に高い効率で水に溶解することができます.

eco-Bubble®-S1set-s

eco-バブル®-S 水槽モデル

アクリル水槽(S1: 20 L,S2: 10 L)にeco-バブル®-S シリーズのノズルを組み込み,水槽内の水に空気や様々なガス(酸素,オゾン,二酸化炭素,水素)のマクロバブルを発生させて溶解させて,その水を処理する装置です.

画像の説明

発生したマイクロ・バブル

eco-バブル®-S 水槽モデル(写真左)の水槽中で発生させたマイクロバブル.装置の稼働を停止しても,浮力が非常に小さいので,水中には無数のマイクロバブル(泡径 15 µm程度)が,まるで霧のように漂っているのが見られます.


eco-バブル®から発生するマイクロバブルの水中への高いガス溶解性

eco-バブル®-S1とエアーストーンを用いた純酸素ガスによる曝気効果の比較
測定時水温:15.4 〜16.3 ℃(玉形エアーストーン),15.5〜20.8 ℃(eco-バブル®-S1)

玉形エアーストーンとeco-バブル®-S1を使って,水槽に入れた22 Lの水道水を純酸素ガスで曝気し,溶存酸素濃度の変化を比較しました.玉形エアーストーンを用いて毎分2.4 Lの通気量で水を曝気した時の溶存酸素濃度の変化曲線(□)が,eco-バブル®-S1 では毎分わずか0.1 Lの通気量でマイクロバブルを発生させた時の変化曲線(■)に相当しています.溶存酸素濃度が10 mg/Lから20 mg/Lに増加する間の酸素ガス溶解効率は,玉形エアーストーン(2.2 %)に対して,eco-バブル®-S1では約23 倍(50.1 %)に達っしています.


モデル一覧

型 式ノズル材質外寸 H x Φ (cm) 重量 (kg)水槽 (別売)
ECBL-S1*SUS31616.3 x 6.4   1.320 L
ECBL-S2*SUS3167.8 x 4.8   0.610 L

    * マグネットポンプ使用(275/395W, 50/60Hz, 単相100V, 6.0 kg)

  製品パンフレット:                          画像の説明