トピックス

特許取得情報

 マイクロバブル発生ノズル:DDHRS(二重渦式高速回転気液混合二重槽)
 日本(特許番号 4652478、取得日 2011年7月7日)
 韓国(特許番号 10-1407122、取得日 2014年6月5日)
 中国(特許番号 ZL 2011 8 0033648.3、取得日 2014年12月17日)
 アメリカ(特許番号 US8,939,436 B2、2015年1月27日)

展示会への製品出展

  • 2017年2月15日(水)〜17日(金):InterAqua 2017(東京ビッグサイト)に出展
    ブースNo. 1A-23(熊本県立大学・大巧技研有限会社・ミズショー株式会社)
    画像の説明
     eco-バブル®-250および-400、eco-バブル®-1N、-3N、および-5N、小型モデル eco-バブル®-S1および -S2の全製品を出展します。
     今回注目すべき点は、eco-バブル®-400と同-S1のノズルを透明なアクリルで作成した試作品を展示し、マイクロバブル発生を実演します。DDHRS方式のノズル内部でどのようにマイクロバブルが発生しているかをご覧になれます。
     また、今回の展示会では、eco-バブル®を応用した製品の共同開発を進めているミズショー株式会社が、eco-バブル®によるマイクロバブル発生を利用した食品工場からの排水に対する新しい処理システムを提案します。

  • 2016年1月27日(水)〜29日(金):InterAqua 2016(東京ビッグサイト)に出展
    eco-バブル®-250および-400、eco-バブル®-1N、-3N、および-5N、小型モデル eco-バブル®-S1および -S2の全製品を出展しました。また、eco-バブル®-3Nおよび-5Nを用いたエビ養殖場の溶存酸素濃度管理への適用例の紹介や、eco-バブル®-S2を用いた 10 L 程度の水素水(濃度1 ppm 以上)および炭酸水(700 ppm 以上)手作りキットの展示を行います。簡単に話題の水素水や足浴用の炭酸水(温度40℃程度)を作ることができます。

画像の説明

      all models-interaqua2015

  • 2014年1月29日(水)〜31日(金):InterAqua 2014(東京ビッグサイト)に、eco-バブル®-400の基本モデルに加えて、最新モデル(水処理用大型モデル eco-バブル®-3N、eco-バブル®-5N、小型水槽用モデル eco-バブル®-S1)を出展しました。

  画像の説明 画像の説明

  • 2013年10月30日(水)〜11月1日(金): Inchem Tokyo 2013(第3回水イノベーション2013)(東京ビッグサイト東ホール)に、すでに発表したeco-バブル®400の基本モデルに加えて、最新モデル(水処理用大型モデル eco-バブル®-3N、小型水槽用モデル eco-バブル®-S1)を出展しました。また、中小企業総合展 東京 2013(東京ビッグサイト西ホール)にも同時出展しました。
  • 2012年11月14日(水)〜16日(金):東京ビッグサイトで開催されるグリーン・イノベーションEXPO 2012に、eco-バブル®シリーズ(eco-バブル®-400, eco-バブル®-250)を出展しました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional